2011年04月05日

フリージア

フリージア

・「フリージア」の花言葉。
「無邪気」「清香」「慈愛」「親愛の情」「期待」「純潔」「 あこがれ」
(白)「あどけなさ」
(淡紫)「感受性」

・フリージア(学名:Freesia refracta)はアヤメ科フリージア属の半耐寒性の球根植物。または、フリージア属の総称のこと。和名はアサギスイセン(浅黄水仙)、コウセツラン(香雪蘭)。

南アフリカで植物採集をしていたデンマークの植物学者・エクロン(C・F・Ecklon)が発見した植物を親友のドイツ人の医師・フレーゼ(F・H・T・Freese)の名をつけて紹介したのが名前の由来となっている。

南アフリカのケープ地方に11種類ほど生育している植物であるが、オランダの品種改良により現在では150種類以上のフリージアが存在する。

休眠期は夏でラッキョウによく似た球茎になる。葉は劒形で数枚垂直に立ち、露地植えでは春に草丈が50〜100cmくらいになり、穂状花序をなし、白・黄色・紅・ピンク・赤紫・藤色・オレンジ色などの6弁花を6〜12輪くらい咲かせる。切り花に多く用いられる。



ラベル:フリージア
posted by 花言葉ブログ at 16:22| 「ふ」の花の花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふきのとう・フキノトウ・蕗の薹

ふきのとう・フキノトウ・蕗の薹

・「ふきのとうフキノトウ蕗の薹」の花言葉。
「待望」「愛嬌」「真実は一つ」「仲間」

・フキ(蕗、苳、款冬、菜蕗、学名:Petasites japonicus)は、キク科フキ属の多年草。
日本原産で、北海道、本州、四国、九州及び沖縄県に分布し、北は樺太から朝鮮半島や中国大陸でも見られる。山では沢や斜面、河川の中洲や川岸、林の際などで多く見られる。郊外でも河川の土手や用水路の周辺に見られ、水が豊富で風があまり強くない土地を好み繁殖する。近縁種は旧世界に広く分布し、ハーブとして利用される。また、幻覚作用の報告されている種もある。

北海道・足寄町の螺湾川(らわんがわ)に沿って自生するラワンブキは高さ2〜3mに達し、北海道遺産に指定されている。かつては高さ4mに及ぶものもあり、馬に乗ったままその下をくぐることもできたという。

秋田県にも2mほどにも伸びる秋田蕗があり、全国的にも有名である。江戸時代、秋田藩主の佐竹義和(義峯公とも)は江戸でこの傘の代わりにもなるフキの自慢をしたところ、他の藩主から信じてもらえなかった。そこで、藩主の名誉のために、領民は山野を捜索して一本の巨大フキを江戸に運び、藩主の名誉を回復したという。これにより、傘代わりにもなるこのフキの存在が国中に知られることとなった。葛飾北斎も『北斎漫画』に、フキの下で遊ぶ男たちを描いている。

posted by 花言葉ブログ at 16:21| 「ふ」の花の花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

にちにちそう・ニチニチソウ・日日草

にちにちそう・ニチニチソウ・日日草

・「にちにちそうニチニチソウ日日草」の花言葉。
「楽しい思い出」「友情」「楽しい追憶」

・ニチニチソウ(日々草、学名:Catharanthus roseus)はキョウチクトウ科の一年草。観賞用に栽培される。また抗がん剤の原料ともされる。

マダガスカル原産で熱帯各地に野生化する。原種は小低木で匍匐する傾向があるが、一般には一年草として温帯でも栽培可能であり、観賞用に改良された品種は直立するものが多い。花は直径3〜4センチ程度で花弁は5裂し、色は白、ピンク、赤、赤紫などがあり中心だけ色が違うものもある。初夏から晩秋まで次々に咲くので「日々草」という。葉は長楕円形で対生する。

ニチニチソウには「ビンカアルカロイド」と総称される10種以上のアルカロイドが含まれる(この名は旧学名Vinca rosea に基づくが、ツルニチニチソウ(下記)と混同されるため最近は「ニチニチソウアルカロイド」ともいう)。そのうちのビンクリスチンとビンブラスチンには細胞分裂阻害作用(チューブリン脱重合による)があり抗がん剤として用いられるが、脱毛などの副作用・毒性があるので素人の利用は危険。たんに食すると嘔吐や下痢程度では済まないことになる。

posted by 花言葉ブログ at 12:36| 「に」の花の花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。