2011年03月30日

にちにちそう・ニチニチソウ・日日草

にちにちそう・ニチニチソウ・日日草

・「にちにちそうニチニチソウ日日草」の花言葉。
「楽しい思い出」「友情」「楽しい追憶」

・ニチニチソウ(日々草、学名:Catharanthus roseus)はキョウチクトウ科の一年草。観賞用に栽培される。また抗がん剤の原料ともされる。

マダガスカル原産で熱帯各地に野生化する。原種は小低木で匍匐する傾向があるが、一般には一年草として温帯でも栽培可能であり、観賞用に改良された品種は直立するものが多い。花は直径3〜4センチ程度で花弁は5裂し、色は白、ピンク、赤、赤紫などがあり中心だけ色が違うものもある。初夏から晩秋まで次々に咲くので「日々草」という。葉は長楕円形で対生する。

ニチニチソウには「ビンカアルカロイド」と総称される10種以上のアルカロイドが含まれる(この名は旧学名Vinca rosea に基づくが、ツルニチニチソウ(下記)と混同されるため最近は「ニチニチソウアルカロイド」ともいう)。そのうちのビンクリスチンとビンブラスチンには細胞分裂阻害作用(チューブリン脱重合による)があり抗がん剤として用いられるが、脱毛などの副作用・毒性があるので素人の利用は危険。たんに食すると嘔吐や下痢程度では済まないことになる。

posted by 花言葉ブログ at 12:36| 「に」の花の花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なのはな・ナノハナ・菜の花

なのはな・ナノハナ・菜の花

・「なのはなナノハナ菜の花」の花言葉。
「快活な愛」「競争」「小さな幸せ」

・菜の花(なのはな)は、アブラナまたはセイヨウアブラナの別名のほか、アブラナ科アブラナ属の花を指す。食用、観賞用、修景用に用いられる。

アブラナ属以外のアブラナ科の植物には白や紫の花を咲かせるものがあるが、これを指して「白い菜の花」「ダイコンの菜の花」ということもある。

菜の花は身近な春の光景として親しまれてきたため、文学や言葉に登場することも多い。 文学作品などに登場する菜の花は、明治以降は栽培が拡大したセイヨウアブラナが主体と見られる。

俳句(春の季語)
与謝蕪村(1716-1783年)は、菜の花(堀田満によれば、在来種アブラナ)をいくつもの歌に詠みこんでいる
菜の花や 月は東に日は西に
菜の花や 鯨もよらず 海暮ぬ
菜の花や 摩耶を下れば 日の暮るる (「摩耶」とは六甲山系の摩耶山のことと考えられる。眼下は神戸の海)
菜の花を 墓に手向けん 金福寺
なの花にうしろ下りの住居かな(一茶)
菜の花の遙かに黄なり筑後川(夏目漱石)
posted by 花言葉ブログ at 11:52| 「な」の花の花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

とりかぶと・トリカブト・鳥兜

とりかぶと・トリカブト・鳥兜

・「とりかぶとトリカブト鳥兜」の花言葉。
「美しい輝き」「厭世家」「人嫌い」「復讐」「騎士道」「栄光」

・トリカブト(鳥兜・学名Aconitum)は、キンポウゲ科トリカブト属の総称。日本には約30種自生している。 花の色は紫色の他、白、黄色、ピンク色など。多くは多年草である。沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。

塊根を乾したものは漢方薬や毒として用いられ、附子(生薬名は「ぶし」、毒に使うときは「ぶす」)または烏頭(うず)と呼ばれる)。ドクゼリ、ドクウツギと並んで日本三大有毒植物の一つとされる。

トリカブトの名の由来は、花が古来の衣装である鳥兜・烏帽子に似ているからとも、鶏の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われる。英名は「僧侶のフード(かぶりもの)」の意。

漢方ではトリカブト属の塊根を附子(ぶし)と称して薬用にする。本来は、塊根の子根(しこん)を附子と言い、「親」の部分は烏頭(うず)、また、子根の付かない単体の塊根を天雄(てんゆう)と言って、それぞれ運用法が違う。強心作用、鎮痛作用がある。また、牛車腎気丸及び桂枝加朮附湯では皮膚温上昇作用、末梢血管拡張作用により血液循環の改善に有効である[4]。 しかし、毒性が強いため、附子をそのまま生薬として用いることはほとんどなく、修治と呼ばれる弱毒処理が行われる。炮附子は苦汁につけ込んだ後、加熱処理したもの。加工附子や修治附子は、オートクレーブ法を使って加圧加熱処理をしたもの。修治には、オートクレーブの温度、時間が大切である。温度や時間を調節することで、メサコニチンなどの残存量を調節する。この処理は、アコニチンや、メサコニチンのC-8位のアセチル基を加水分解する目的で行われる。これにより、アコニチンは、ベンゾイルアコニンに。メサコニチンは、ベンゾイルメサコニンになり、毒性は千分の一程度に減毒される。これには専門的な薬学的知識が必要であり、非常に毒性が強いため素人は処方すべきでない。


posted by 花言葉ブログ at 12:11| 「と」の花の花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。